会議名:「ポスト新機能物質開発のための戦略会議」

主旨:近年の計算科学の進歩は、機能性物質の設計開発指針にも大きな影響を及ぼしつつある。トポロジカル絶縁体や高温超伝導を示す硫化水素高圧相などの理論計算に先導された新物質の発見は象徴的であり、物質設計と理論計算との距離は今後も縮まる一方と予測される。機能物質開発をテーマとするJSTさきがけ研究者の間でも、このような趨勢に鑑み、自身の研究を起点とした新たな展開の可能性を探りたいという機運が高まっている。複数領域のさきがけ研究者が集まる場はこのような展開に絶好の舞台である。
 本研究会は、さきがけの人的資源を活用して物質開発に携わる気鋭の研究者を各分野から糾合し、実験家と理論家が同じ土俵で活発な議論を行うことで新物質開発の潮流をつくり出すことを目的とする。半導体(「ナノエレクトロニクス」)や熱電変換材料(「微小エネルギー」)のように既に理論計算(「マテリアルズインフォ」)の恩恵を大きく受けているテーマをはじめとして、超伝導・スピントロニクス・イオニクス・表面界面のように計算手法のさらなる発展が待たれるテーマ(「超空間」、「元素戦略」、「相界面科学」)まで、横断的に議論を行う。また、機能や合成手法によって細分化された物質合成家が、各自のもつ設計指針や合成手法のノウハウを共有することで、さきがけを中心とした水平方向の人的ネットワークが構築されることも期待したい。

場所:東京大学本郷キャンパス 工学部6号館3Fセミナー室AD
日時:2017年11月14日-15日
参加登録締め切り:11月6日
参加希望者は、下記の登録フォームを中西佳代子(nakanishi@ap.t.u-tokyo.ac.jp)までお送りください。(ただし、定員約70名に達した時点で締め切らせて頂きます)。

-------
氏名:
所属・身分:
e-mail:
懇親会(参加費 4000円):出席 欠席 (どちらか一方を残して下さい)
-------

プログラム
11月14日
12:00-12:30 受付
12:30-12:35 はじめに: 石渡

座長:松野
12:40-13:10 一杉太郎 「表面/界面現象と理論の協奏: 実験家と理論家はフレンドリーコンペティター」
13:10-13:30 高橋圭 「ガスソース分子線エピタキシーで創る酸化物量子物性」
13:30-13:50 服部梓 「3次元ナノ構造化による強相関金属酸化物の電子相物性制御」
13:50-14:10 菅大介 「原子レベル構造制御による遷移金属酸化物の機能開発」

座長:石渡
14:25-14:45 酒井英明 「磁性や伝導性の設計が可能な強相関ディラック電子系物質」
14:45-15:05 渡邊峻一郎 「凝縮系固体としてのパイ共役分子:物性と新機能性の開拓」
15:05-15:25 米澤進吾 「電流印加による新奇物性の"開発" - モット絶縁体Ca2RuO4の電流誘起巨大反磁性」

座長:岡本
15:40-16:00 山田鉄兵 「超分子化学を用いた熱電変換素子「熱化学電池」」
16:00-16:20 山田幾也 「超高圧合成法を活用した新しい電気化学触媒材料の探索」
16:20-16:40 石渡晋太郎 「バルク強相関酸化物におけるボンドエンジニアリングと新機能探索」

集合写真

座長:有田
17:00-17:20 鈴木通人 「多極子理論とデータ科学の融合による磁性体の物質設計」
17:20-17:40 熊谷悠 「半導体材料開発のための第一原理計算」
17:40-18:10 世古敦人 「機械学習を用いた新規材料探索」

18:30-20:30 懇親会@松本楼・本郷キャンパス2号館1F


11月15日
座長:酒井
9:00-9:30 塩見淳一郎 「複合的フォノンエンジニアリング技術による熱機能材料の設計・開発」
9:30-9:50 松永隆佑 「高強度テラヘルツ波で探る非平衡超伝導」

座長:渡邊
10:00-10:20 山田高広 「トンネル空隙にNaを含んだジントル化合物の熱電特性」
10:20-10:40 岡本佳比古 「低温で高い熱電性能を示す1次元テルル化物Ta4SiTe4」
10:40-11:00 桂ゆかり 「新規熱電材料の設計における電子構造と散乱の影響」

座長:世古
11:15-11:35 是常隆 「有効模型のデータベース化を利用した物質探索」
11:35-11:55 山地洋平 「強相関電子系に対する数値物性予測と自己エネルギー推定」
11:55-12:15 有田亮太郎 「超伝導体の第一原理計算」

昼食

座長:菅
13:30-13:50 松野丈夫 「強相関酸化物界面における物性・機能のデザイン」
13:50-14:10 高橋竜太 「焦電性測定による磁性強誘電体の開発」
14:10-14:30 藤原宏平 「ポスト遷移金属の酸化物を用いた薄膜素子研究」

座長:山田高広
14:45-15:05 平井大悟郎 「複合アニオン化合物が示す多色性」
15:05-15:25 青山拓也 「Kitaev型異方的交換相互作用をもつ磁性体の合成と物性」
15:25-15:30 総括:松野

世話人:有田亮太郎、石渡晋太郎、松野丈夫