センターについて

センターの目的

量子論はその誕生から1世紀が経過し、量子効果を用いた素子が実用化されるなど工学にも深く浸透しつつある。しかし、「高温超伝導」のように物質の中で多くの自由度が 強く作用しあっている量子状態については、その本質が現代の物理学でも依然 解明されていない難問であると同時に、その応用では広大な未踏分野が広がっている。本センターでは、多数の電子が強く相互作用している系が示す多彩な量子力学的物質相 (量子相)に着目し、その相を制御するための物理学を開拓し、それを利用した新しいエレクトロニクスの構築を目指す。さらに、本研究センターでは、理学と工学を融合し、 体系化によって新しい学問を創出することによって、未来技術資産を確保することを狙いとしている。

センターの経緯

センターの概要

設 立 平成13年 4月 1日
設置年度 第1期 平成13年度 ~ 平成22年度
第2期 平成23年度 〜 平成32年度
組 織 東京大学大学院工学系研究科に附属する教育研究施設
活動拠点 東大本郷キャンパス内 工学部6号館、8号館、9号館など

センターの構成

統合物質科学リーダー養成
プログラム(MERIT)
上席研究員/MERITプログラム運営委員長1名、特任講師2名
量子相制御物理分野 教授1名
量子相工学プロジェクト分野 教授1名、特任講師1名、助教1名
トポロジカル量子工学分野 准教授1名、助教1名
創発物性科学社会連携講座 特任准教授1名、特任講師2名
アジャンクトメンバー 学内連携(工学系研究科、新領域創成科学研究科、理学系研究科、先端科学技術研究センター、物性研究所) 
学外連携((独)理化学研究所、スタンフォード大学、マックス・プランク固体研、ブリティッシュコロンビア大学)